■ ジュニアアスリートのための栄養学〜夏にも試合にも勝つ!夏バテ対策!①〜

夏のような暑い日が多くなってきましたね!
暑い中でも練習に励んでいるジュニアアスリートたちにとって、これからの季節、心配なのが《夏バテ》です。
カラダがだるい、疲れやすい、食欲がわかない、冷たいものを食べたくなる・・・
こんな症状はありませんか?

本格的な夏が来る前に!
夏バテ知らずのカラダを作りましょう!

〜食事編〜
★フルコースの食事を心がけよう!
★夏野菜や旬の果物を食べよう!

・タンパク質・ビタミン・ミネラルが不足すると、疲れやすくり、スタミナ切れを起こします。《①主食 ②おかず ③野菜 ④果物 ⑤乳製品》が揃ったフルコースの食事を心がけましょう。

・トマト・きゅうり・なす・ゴーヤ・ピーマン・すいかなどの夏野菜や果物には夏の日差しに負けないビタミンや、汗で失われたミネラルを多く含みます。
火照ったカラダのクールダウンにも効果があります。

★フルコースの食事を食べやすくするために
①皿数を少なくしよう〈ワンプレート、丼物〉
②香辛料、香味野菜、酸味を使おう〈カレー粉、唐辛子、ネギ、大葉、みょうが、酢、レモン汁など〉
③ネバネバ食材で喉越しを良くしよう〈オクラ、山芋、めかぶなど〉

皿数が多いと食べる気力が失せがちです。ワンプレートにまとめ、香りや酸味のある食材で食欲アップ、ネバネバ食材で喉越しアップさせましょう。

次回は暑さに負けない水分補給についてお伝えします!

ココロとカラダに栄養を♫
管理栄養士 吉野千穂