第1条 定義

本会則によって定める条項はハビトレの会員並びにハビトレを利用しようとする者に適用されるものとする。

第2条 目的

ハビトレは、ハビトレのプログラム・サービスを量子、心身の健康維持、健康増進、知識の習得、及び会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第3条 運営管理

ハビトレは、「ビルブリッジ株式会社」(以下、会社という)が管理運営を行う。

第4条 会員制度

1.ハビトレは会員制とする。

2.会員の本プログラム・サービスの利用範囲、条件並びに特典については別途定める。

3.会員は本プログラム・サービスを利用するのは会員のみが使用できるものとする。

4.会員は本プログラム・サービスの会員(利用)資格を他の者に譲渡できない。また、本プログラム・サービスの会員資格は相続できない。

第5条 申込資格

申込資格を有するものは以下の条件を満たすものとする。

①当該プログラム・サービス所定の年齢以上であ、本会則、規約、諸規則を遵守できる者

②ハビトレのプログラム・サービスを申込をしようとする者が未成年者の場合、その親権者が同意していること

③ハビトレのプログラム・サービス所定の同意書提出により、プログラム・サービスの利用に耐え得る健康状態であることを自らの責任のもとに会社へ申告できること

④会社がハビトレの利用者としてふさわしくないと認めたもの

第6条 申込手続き

1.ハビトレに申込しようとする者は、本会則及び規約に同意した上で諸契約を会社と締結しなければならない。

2.ハビトレに申込しようとする者は、所定の申込書により申込を行ない、会社の承認を得た上、入会金及び登録料を会社に支払い、入会手続きを完了させなければならない。

3.ハビトレに申込しようとする者は、所定の同意書を会社に提出して、本会則・規約・諸規則を遵守することなどに同意するとともに、諸プログラム・サービスを利用するに耐え得る能力を有し、かつ諸プログラム・サービスを独室して利用するに耐え得る健康状態えあることを申告しなければならない。

4.未成年者が申込しようとするときは、所定の書類により親権者の同意を得た上で、申込をするものとする。この場合、親権者は自らの会員資格の有無に関わらず、本会則・規約に基づく責任を本人と連帯して負担するものとする。

第7条 入会金・登録料・利用料

1.入会金、登録料、会費及び利用料(以下、諸費用という)は別に定める。

2.一旦納入した諸費用は、利用の如何を問わずこれを返還しない。

第8条 会員資格

第6条の手続きが完了した時点において、会員資格を取得したものとする。

第9条 諸規則の遵守

1.会員は、ハビトレのプログラム・サービスの利用にあたり、本会則・規約・諸規則を遵守しなければならない。

2.会員は、ハビトレのプログラム・サービスの利用にあたり、Re→Buildのスタッフの指示に従わなければならない。

3.会員は、ハビトレのプログラム・サービスの利用にあたり、秩序を乱す行為をしてはならない。

4.会員は、集会、演説、勧誘、文章類の配布及び指示その他、これらに類する行為はしてはならない。

第10条 届出義務

会員は次の各号に定める事由が生じた場合、直ちに会社に対して書面によりその旨を届出なければならない。会員がこの届出を怠ったことにより、会員に損害が生じた場合は、会社は当該損害について一切の責任を負わず、かつこれによって生じた会社の損害については、会員が会社に対して当該損害を賠償しなければならない。

①退会 ②会員の氏名・住所、連絡先の変更 ③第11条(利用の禁止)各号に規定する事由に該当する理由

第11条 利用の禁止

次の各号に該当する場合は、プログラム・サービスの利用を禁止する。

1.伝染病、その他他人に感染するまたは感染するおそれがのある疾病を有する者

2.飲酒、薬物を使用している者

3.医師から運動を禁止されている者

4.一時的な筋肉の痙攣や意識の喪失などの症状を招く病気を有する者

5.諸プログラム・サービスを独立して利用するに耐え得る能力を備えてないか、または、諸プログラム・サービスをを独立して利用するに耐え得る健康状態無い者

6.他の利用者に対し、著しく不安感や不快感を与えると会社が判断した者

7.暴力団・反社会的な組織に所属している者

8.刺青がある者(他人に威圧感を与える者を対象とし大きさ、デザイン等を確認の上、会社が判断する)

9.その他、正常にサービスを利用できないか、またはふさわしくないと会社が判断した者

第12条 損害賠償責任の免責

1.本プログラム・サービスの利用中、会員の責に帰する事由により会員自身が受けた損害に対して、会社はその当該損害に関する責を負わない。

2.本プログラム・サービスの利用に際して、金品等の盗難、または紛失により会員が損害を被った場合、会社は会社に重過失があった場合を除き、当該損害について何ら責任を負わないものとする。

第13条 会員の損害賠償責任

会員が本プログラム・サービスの利用中、会員の責に帰する事由により、会社または第三者に損害を与えた場合は、その会員が当該損害にかんする責を負うものとする。

第14条 肖像権

会員は、その肖像権の一切をビルブリッジ株式会社に帰属させることを承諾するものとする。また当プログラム・サービスの利用中に撮影された写真、動画について次のように当社が利用することを承諾する。

①当社ホームページ、Facebook、Instagram、LINE@等のWEB媒体

②当社作成の動画

③当社作成の広告・チラシ等の印刷物

第15条 会員資格の喪失

会員は、次の各号に該当する場合、その会員資格を喪失し、会員の如何なる権利をも喪失するものとする。ただし、会社は諸費用を返還しない。

①会員の都合により退会・プログラム・サービスの中止を申出し、会社がそれを承認した場合

②第16条より除名された者

③会員本人が死亡した場合

④経営上やむを得ない理由によりRe→Buildが閉鎖した場合

第16条 会員除名

会員が次の各号に該当する場合は、会社はその会員をRe→Buildから除名することができる。

①ハビトレの会則・規約・諸規則に違反した者

②ハビトレの名誉を傷つけ、秩序を乱し、Re→Buildの会員としてふさわしくない行為をした場合

③諸費用の支払いを怠った場合

④法令に違反する、または、社会通念上やマナーを甚だしく欠ける行為があった場合

⑤危険な行為、または他の会員に対する迷惑行為があった場合

⑥その他、ハビトレの会員としてふさわしくないと会社が認めた場合

第17条 施設の一時的閉鎖・一時的休業

次の場合、会社はハビトレの全部または一部の閉鎖、もしくは休館ができる。その場合、Re→Buildは事前にその旨を告知する。ただし、これにより会員の諸費用の支払いが軽減されたり、免除されることはない。

①気象災害、その他外因的自由により、会員の安全確保の必要があると判断した場合

②施設の整備、修繕、または点検等が必要と判断した場合

③定期休業等による場合

④その他、重大な理由んよるやむを得ない事情が発生した場合

第18条 費用等の変更・運営システムの変更

1.会社は必要と判断する場合、本愛息に基づいて会員が負担すべき諸費用及びサービス運営システムを変更することができる。

2.前項の変更の場合、会社は1か月前までに全会員にこれを通知する。

第19条 会則の改定

 会社は、会則及び諸規則の改定を行う事ができる。この場合、会社は事前に全会員に告知するものとし、改定日を持って改定された会則・規約及び諸規則効力を全会員に及ぶものとする。

2018年2月1日