■ 睡眠不足は肥満に!?

突然ですが、こんな方、要注意です!!
・日中、急に睡魔におそわれる
・寝ようと思うと、目が覚めて寝れない
・朝の目覚めが悪い
・夢をみたり、寝てもすぐ目が覚めてしまう
1つでも当てはまった方、痩せるためには、食事を制限したり、運動を行なったりする前に
まずは「寝てください!!」

 

以前は、肥満と睡眠との直接的な関係は不明でした。
しかし、早稲田大学と花王の研究グループや筑波大学の研究チームなどの研究から睡眠不足と肥満には、深い関係があるということが解明されました。

簡単にそのメカニズムを説明させていただきます。
睡眠時間が減ることで、食欲を抑えるホルモンの分泌が減ってしいます。
すると脳は空腹(お腹が…空いたと勘違いする)を感じてしまい、食べる量が増えてしまいます。
その結果、体重も増えてしまいます。

ちょっと余談になりますが、
私のところにダイエットの相談に来た、会社役員の30代男性が、
「睡眠時間が1日2時間だった日が2週間ほど続いたとき、気づいたら常に何かを食べていた」
とおっっしゃていたのを思い出しました。

特にレム睡眠が減少すると、ショ糖や脂質など、肥満につながる食品を過剰に摂取してしまう事が解明されました。

以上のことから、食事制限をしたり、過度な運動を行なっても痩せなかった方は、「睡眠をとること」で痩せるかもしれませんね!

以前もお伝えしましたが、睡眠をとることも解決策の1つに加えてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA